レーシックイメージ

レーシックの失敗率について

レーシックの手術を1年ほど前に受けましたが、当時クリニックで聴いた話では、成功率は99%であるという話でした。
ここで言う成功率というのはフラップを作成して角膜の実質部分にレーザーで治療をする方法で、99%の人が1.0以上の視力を回復したというデータに基づくものです。
しかし実際にはすべての症例に対して5%程度は合併症が残ったり後遺症があったりということで、視力はもどったのに芳しくない状況というのもあることが判ってきました。
これを失敗率と呼ぶかどうかは非常に微妙ですし、実際統計数字でそうしたものが発表されているわけではないのですが、術後に問題をかかえている人の率は確実に1%を超えるものがあるようです。
しかし合併症と呼ばれるものは、単純な失敗というよりは時間をかけても治療すれば完治するもののことを言うそうなので、手術の当座に問題が起きたとしても、これがそのまま失敗率に組み入れられるのには無理がありそうです。
ただし、1年を経過しても2年を経過しても一定の症状が残ってしまうとなると、治療を受けたご本人にとっては失敗と認識するものになることもあるようですので、非常にカウントの仕方にむずかしいところがありそうです。
一方完全い後遺症がでてしまったり、視力がもとに戻ってしまったり、あるいは過矯正といって近視から遠視の状態になってしまったというようなものは、別に再度手術を要するものもあるため、確実に失敗と呼べるものになりそうです。
こうしたことから失敗率というのは、あまり公然と発表されていないのが現実のようで、どのように発表するのかは難しいことの一つとなっています。
私が実際に手術を受けたクリニックの先生の説明によれば、レーシックの実際の手術を行う前の段階で、かなり精度の高い事前検査を実施することで、手術が成功するかどうかの確率がかなりはっきりとわかるということでした。
たとえば、瞳孔が人より確実に大きい人は、レーシックを受けると必ずといっていいほどグレアのような目がまぶしくなる状況が合併症として現れることになるそうですし、高血圧や糖尿病といった病気の場合には、事前の眼球のチェックを行うだけで、ぜったいに手術がうまくいかない人もはっきりと識別できるとのことでした。
したがって、10万円以上の検査費用が必要になる機器もあるようですが、こうした精密検査をまずうけて、リスクがあるようならばここでそれ以上の手術については中止するという発想で臨んでいくという手もあるということなのです。
最初からその旨で検査をしてほしいということで話を進めれば、かなりの確率で手術にいたらずに途中でやめることができるということでした。
こうした判断を下すというのもなかなか勇気のいることですが、自分の視力を維持することと、安全を守るためにはこのような形でまず厳密な検査をおこなってから判断するという手もあるということです。
さらに取り出したデータをもとにセカンドオピニオンといった形で主治医とは別の医師に内容を評価してもらうという方法も残されているのです。
リスクに対して万全を期するということであれば、こうした方法を選択するのもひとつだと思いました。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.