レーシックイメージ

レーシックの治療費は手術内容で異なる

レーザーを使用した視力回復手術として、レーシックは非常に人気があります。
その効果の高さと安全性から、年々多くの人が手術をして視力を回復しています。
現在使われているレーザー機器は、以前とは違う機器を使用している場合が多く、年々その性能は進化しています。
レーシックは近視や乱視の矯正をすることが可能で、現在の視力や眼の状態によって手術内容と治療費が異なります。
どの程度視力を矯正したいのかや眼の角膜の厚さによって、お勧めできる手術やお勧めできない手術があります。
治療費の幅はクリニックにより多少異なりますが、10万前後から30万前後までの間が一般的に多くなります。
レーシックの治療はホームページなどに掲載しているクリニックが多いので、色々なクリニックを見て参考にすることをお勧めします。
費用が高い手術の方が効果が高いと思われがちですが、必ずしもそのような関係にはなりません。
私は強度の乱視を持っていましたが、レーシックで視力を回復することができました。
当初カウンセリングをしたときには、一番高い手術ならば効果が高いと考えて医師に伝えました。
しかし実際には私の乱視状態では、30万の手術で使われているレーザーでは十分な視力矯正が期待できないと言われました。
最初に希望した高額の手術は、近視の人には効果が高いが乱視の場合は矯正が難しいという特徴がありました。
その代わりに乱視の人でも効果の高いレーザーを使用した手術を勧められました。
乱視用のレーザーを使用した手術は約20万ほどで、当初の資金よりかなり安く抑えることができました。
私は角膜が十分に厚かったので、乱視用のレーザーを使用することができました。
角膜が薄い人の場合、その手術では矯正が十分に行えない場合もあります。
そのような人には、ラゼックなど他の手術を選択することが必要になります。
同じ乱視でも、角膜の厚さや状態によって選択できる手術が異なるため、手術に必要な費用が変わります。
また私の友人や周りの体験者でも、クリニックによって勧める手術や金額が異なることが多いです。
一般的に極端に視力が悪くない場合は、20万前後の手術を勧められることが多くなります。
それは矯正に必要な角膜がそれほど厚い必要もなく、使用するレーザーが違うためです。
私の友人でも一人だけ30万の一番高い手術を勧められましたが、それは本人が強く希望したためで、医師からはそれより安い手術で十分と言われたそうです。
レーシックの治療費は手術内容によって異なるため、一概に高額の手術ばかりを行うわけではありません。
むしろ眼の状態や角膜の厚さなど、手術に必要な条件の方が重要になります。
現在ではほとんどの人が手術を受けることができますが、乱視や近視など眼の状態によって選択できる手術と治療費が異なります。
しっかりとクリニックで検査をして、どんな手術が最適なのかを医師に確認することが重要になります。
担当医となる人は多くの場合経験豊富な医師なので、様々な有益な情報をアドバイスしてもらえます。
私のように単純に高額の手術が効果が高いと思っている人も多いですが、実際には眼の状態によってお勧めできる手術が違います。
医師の判断にしっかりと従うことで、安全に結果の出る手術を行ることができます。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.