レーシックイメージ

レーシックは基本的には安全、裁判にならないように事前説明は重要だよ

レーシック、基本的には安全性の高い技術なのに「訴訟問題」「裁判」なんて話がニュースになってたりする。
耳にすると不安になりますが、疑問だよね。
だけど、調べてみると結構納得するよ。
今まで私が悩んでいた問題そのまんまだったし。
問題事項1番目は事前説明不足と付随する施術に関する基礎知識の不足。
どんな施術も「こんな効果があるけどこんなリスクもあるよ」とメリットデメリットの説明は受けておかないとね。
メリットだけ見てデメリット全く考えず、結果無茶な施術で後遺症発症、結果裁判なんてことになるようだから。
まあこれは病院による説明不足(説明義務違反)になるけど。
患者としては一生残る後遺症なんて賠償金では払えない問題、事前説明しっかり受けて、自分でも無茶な施術をしないように良く考えよう。
あえてデメリットをよく考えたほうがいいと思うよ。
「視聴に絶対はない、最悪こんなことが起こる」、安全性の高い技術でもうっかりミスや矯正しすぎによる悪影響(過矯正とか)があるからね。
問題事項2番目は治療にあたる医師の経験。
年々機械の進歩目覚ましく、高度なテクニックを必要とする施術が出ています。
その分、患者にとっては選択の余地が広がってうれしいのですけどね。
「医療費の安さに目を奪われ、経験の浅い医師による治療が待っている」なんて事になったら嫌ですからね。
結果として成功すればいい、という問題ではないですからね。
簡単に言うと、レーシックはミクロン単位(1ミリの1000分の1)で目の表面をめくって角膜を削り表面を元に戻す技術。
「表面めくったけど、くっつける時端っこにしわが出来ちゃった、ごめん」、これで後遺症決定です(不正乱視とかになりますね)。
ガラスの飛散防止シートじゃないのですからね。
しわが寄ったらガラスでも向こう側が見えにくくなるでしょ、それと同じですよ。
でも、経験豊富なお医者さんなら問題なし(とまではいかないかもしれないけど、リスクは低くなる)。
価格につられても病院・医者のランクは良く調べましょう。
問題事項の3番目は病院の衛生状態。
なんといっても「手術」ですからね。
衛生状態は最重要と言ってもいい位です。
切り口にウイルスが入った、異物が混入したなんてなったら何が起こるか考えただけでも恐ろしい。
「何があっても大丈夫」なくらい衛生的な所がいい。
訴訟を起こせば勝てるかもしれないけど、勝っても嬉しくない問題が残りますからね。
施術して視力が下がったなんて絶対嫌ですから。
前にも述べましたが、レーシック自体は安全性の高い技術で問題はありません。
問題となるのは、そのほとんどが人的要因。
訴訟問題を起こさない為に、病院を選ぶ際は病院の設備(ホームページには大抵扱う機械をのせてますよ)・使用機器の品質・衛生状態は前もって調べておきましょう。
加えて病院は一店に絞らず色々比較しましょう。
病院によって扱う機械も違いますが、技術は一緒ですから。
色々と患者側に立って、デメリットについても説明をしてくれる所がいいですね(失礼というなかれ、今後一生の問題ですからね、何事もやって損なし)。
事前説明を詳しくやってくれる所なら、後々問題が起きても相談しやすいですよ。
ちょっとしたことでも手術後は「これって問題があるのかな」って考えがちですから。
医者にとっては大したことなくても、患者には重要死活問題。
親身に対応してくれる所が安心です。
これらを検討すれば、リスクはかなり減らせます。
皆さん、いろいろ悩みすぎるくらいに悩んで病院を探しましょう。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.