レーシックイメージ

最新技術によるレーシック手術

レーシック手術は角膜の屈折力を変える事によって視力の矯正を行う効果を期待する事が出来ます。
最新のレーシック手術は大きく四種類に大別されています。
一つはレーザーを使い矯正を行う部分の角膜を切り離した上で取り出す手段です。
ベッドに上向きで寝ます。
青い光が出ている機械の下へベッドが移動した後に目を固定します。
緑色の光を見ます(目を動かさない事が大切です)。
レーザーが発振する事によって角膜の切開を行います。
フラップをあけた後にシート上角膜切片(レンチクル)を取り出し、フラップを戻します。
手術が終了します。
一つはレーザーによって角膜を切り離した後、小さな切開創から取り出す手段です。
手術後の痛みが比較的少ない点が特徴的です。
フラップの安定性が良いです。
一つはレーザーによるフラップ作成後に矯正したい部分の角膜を蒸散させる手段です。
目を動かすなく緑色の光を見る処までは同じです。
レーザーが発振された後、フラップが作られます。
別のレーザー機械の下へ移動した後、フラップを開けます。
レーザーを照射します。
フラップを戻します。
一つはレーザーによるフラップを作成する方法です。
矯正する部分の角膜をレーザーで蒸散します。
全体的な眼球の歪みを精密に矯正する事が出来ます。
レーシックの最新情報は刻々と変化しています。
料金システムは医療施設によって異なる為、手術の希望者は料金と手術に関する内容とのバランスを考慮する事が大切です。
手術に関する内容を知る為には説明会に参加する事がベストです。
説明会では医師と担当者が手術に関する説明を行います。
質疑応答もある為、目の手術を安心して任せる事が出来るかをチェックする目安になります。
説明会はとりあえず話を聞きたい場合や手術を決意している場合に有効的な方法です。
目の模型やパネル、映像などによって丁寧に説明が行われます。
医療機関のスタッフに手術を受けたスタッフが存在している為、実際に手術の感想を聞く事が出来ます。
手術の時期を慎重に検討する事がポイントです。
手術は基本的に妊娠中や授乳中の期間を避ける事が望ましいです。
卒乳を行った場合には規定の期間を経過した後で手術を行う事が肝心です。
妊娠や出産等のプライベートなライフイベントや仕事の量等をじっくりと考慮した上で手術のスケジュールを立てる事が大切です(手術後には定期的な検査を行う為です)。
手術の前には視力矯正器具を一定の期間、外す事になります(角膜本来の形を取り戻す為です)。
検査によってさまざまなアドバイスやサポートを受ける事が出来ます。
検査は基本的に痛みは無く、視力や角膜の形や厚みなどを医療機関が把握する事を目的としています。
検査を行う事によって手術に対する適応性を判断する材料になります。
手術の適応性を判断する医師は眼科疾患の扱いや目に関する手術に精通している専門医です。
目に関する悩みや不安をじっくりと相談する事によって自身が納得した上で手術へと進む事が出来ます。
手術直後は安静にする事が望ましいです。
処方される目薬や痛み止め、目を保護する為のゴーグルなどを充分に活用し、出来る限り目を休ませる事を心がける事が大切です。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.