レーシックイメージ

レーシックの費用が高いという問題について

レーシック手術といえば、今や数々の整形外科や病院で、たくさんの広告が打ち出されているほどの最も整形しやすいものです。
レーシック手術とは、昔から視力が悪い人にとっては画期的な手術であり、最前線の良い治療方法です。
視力が悪い人は、遺伝だったり、思春期に悪くなったりと様々な原因がありますが、ほとんどの人は裸眼で景色や人の顔を見たいという願望が強いです。
そのため、私は、ずっと昔からレーシック手術というものに興味がありました。
メガネは、度数を決めて自分に合ったものを選べますが、フレームがあると、どうしても視界が遮られてしまうというデメリットがあります。
動き回ったりすると、ちょっとした振動でずれてしまったり、フレームの部分が長年使っているとずれてしまったり、度数が合わなくなってしまうということがよくあります。
それに比べて、コンタクトレンズは、裸眼でいられ、ずれてしまったりという心配もなく、視界が開けます。
ですが、どうしても消耗品のため、使い捨てでいなければいけなかったり、つけたまま眠れなかったりと、厄介なことも多いです。
消耗品なので、値段も高いです。
最近は、カラーコンタクトレンズが流行っていますが、眼科のものではないと、度数がさらに悪化し、失明してしまうかもしれないというリスクもあります。
そのため、大人になればお金を貯めて、レーシック手術をしようという考えを持つ人は、普通に増えると思います。
私が手術したのは、そのようないきさつがあってのことでした。
どうしてもメガネで外を歩きたくなかったので、昔から長いことコンタクトレンズを使用していましたが、コンタクトレンズは値段が高いうえにすぐになくなってしまうので、お金をすてているようなものだという気持ちが強かったのです。
ですが、レーシック手術を受け、視力が2.0に戻った時は、この世のものすべてが輝いて見えました。
手術は、全身麻酔をしなければいけないし、失明の危機もあるので、多くの人は怖いと感じると思います。
それは、だれしもが思うことです。
ですが、私は手術を通して、視力が回復したことにより、心から、手術をしてよかったなと痛感している毎日です。
人間は、五感を使って生きていきます。
視覚、聴覚、嗅覚・・・。
そのさいたるものが、視覚だと思います。
目が見えなければ、人間は暗闇を生きることになります。
それはどれだけ恐ろしいことでしょうか。
視力が悪いということは、遠くのものがなかなか見えず、近視の人は、近くのものが見えない。
それもそれで、不安感が常についてまわります。
メガネをつけていることだけで、おしゃれができなかったり地味というイメージを気にしてしまう若い女の子も多いと思います。
でも、コンタクトを入れるのも怖かったり、葛藤もあると思います。
手術は、割と、あっさりと終了することができました。
それは、信頼のできる病院だったからだと思います。
私は、病院選びは慎重に行うことが一番大切だと思います。
手術するという行為は、怖がらないでほしいと思います。
最初だけ怖いだけで、これからの人生を考えると、その時間はほんの一瞬、あとの一生は、素晴らしい時間が待っています。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.