レーシックイメージ

レーシックに向かない人の症例、白内障

レーシックという言葉の認知度は、一昔前に比べると飛躍的に高まってきました。
どなたにも、この手術を受けたことがあるというお知り合いが、数名はいらっしゃるのではないでしょうか。
私自身の周辺でも、数年前に従姉妹が手術を受け、術後も全く問題無く、メガネ要らずの快適な生活を送っています。
メガネやコンタクトレンズで矯正しなくても、十分な視力があるという状態は、世界的に見ても近視率の高い国民である日本人にとっては、魅力的なものです。
しかし、視力回復手術は、誰もが受けられるというわけではありません。
例えば、私は現在のところ、この手術が受けられません。
白内障を患っているためです。
私の場合は、白内障発症がかなり早く、現在30代半ばにして既に20年近くこの症状を抱えています。
白内障をお持ちの方や、症状について聞いたことのある方であればご存じのように、日差しやライトの光がとてもまぶしく感じられる白内障は、日常生活を送る上で大変不便な視界不良をもたらします。
目薬で進行を遅らせることができるとは言われているものの、自然治癒は期待しにくい白内障は、根本的な治療を望むのであれば、手術という方法を選ぶことになります。
白内障の症状とは、具体的には、眼の中の水晶体が濁ってくるというものです。
水晶体は、網膜でピントを合わせるために、レンズの役目をしている角膜から入ってきた光を絞るという役割を持っています。
白内障の進行が進むと、この水晶体の濁りが徐々に増してくるため、ものが見えにくくなってしまうのです。
近視も白内障も、同じ眼の中で起こっている症状ですが、なぜ白内障を持っているとレーシックが受けられないかと言えば、せっかく手術を受けても、白内障を放置していれば、つまり、水晶体の濁りがそのままであれば、視力回復は望みにくいためです。
しかし、それでは白内障患者は絶対にレーシックが受けられないのかと言えば、そんなことはありません。
白内障は、先述の通り、手術で治療が可能です。
ただ、同じ眼の治療でも、近視治療とは異なる部位への手術となります。
このため、順番として、手術による白内障の完治が先に必要となるのです。
つまり、水晶体の濁りを予め取り除いた上で、レーシックを受けることになります。
私は、20年来症状を抱えている白内障について、徐々に視界が悪くなっていると感じてはいるものの、急激に悪化したという段階ではないため、手術は受けずそのままにしています。
特段の対策もしておらず、紫外線がよくないと言われているため、太陽の光を直接見ないといったことに気をつけている程度です。
なぜ根本治療をしていないかと言えば、白内障の手術が、水晶体を人工のレンズに交換するという内容であることから、現段階では受けることを躊躇しているためです。
かかりつけの眼科医に、「望むのであれば手術はいつでも受けられるが、若いうちは、眼が本来持った調整力で乗り切ることをすすめる」と言われているというのも、大きな理由のひとつです。
ただ、この先、技術の発展により、より安心できる白内障の手術方法が開発されれば、いつでも受けてみたいと思っています。
私が近視治療を行うことができるのはその後となります。
替えのきかない眼に行う手術は、個々人のその後の人生の快適さを左右し得るものです。
レーシックに向かない人としては、白内障だけでなく、その他の眼病や、職業要因、また妊婦の方なども含まれます。
これから手術を受けることを考えている方には、予め取り除ける不安要因は全て排除した上で、安心して近視治療に臨まれることをおすすめします。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.