レーシックイメージ

後悔の無いレーシックにする為に

私は昔から目が悪いという事もあり、生活の際には視力の矯正を行っています。
矯正の際にはコンタクトレンズを使っています。
コンタクトレンズはメガネのように見た目に影響を与えませんし、生活の邪魔になる事も無いのでとても気に入って使っています。
しかしながら、私は軽度のドライアイという事もありますので、長時間装用しているとどうしても目が乾いてシパシパしてしまいます。
また、乾き具合が強くなってくると眼に痛みが出てしまう事もありますので、そういった事で徐々にストレスを感じるようになりました。
そこで私が受けてみようと思ったのがレーシック手術です。
レーシック手術がどういったものなのかと簡単に説明しますと、まず視力を回復させる手術となっています。
視力が下がってしまう原因の一つとしてピント調節機能の低下が挙げられますが、その状態ですと対象物にピントが合わず、所謂ボヤけて見えない状態になってしまいます。
そういった状態でもレーシック手術を受ける事によって角膜を削り、屈折異常を矯正する事によって対象物にしっかりとピントが合う眼にする事ができるのです。
そんなレーシック手術を受ける事によって裸眼での生活が可能になりますので、コンタクトレンズを利用する時のストレスから解放されると考えました。
しかしながら、インターネットで手術に関する情報を集めてみますと、人によっては期待するような視力が出なかったり、頭痛やドライアイが発生してしまうというデメリットがある事を知りました。
いくら快適な生活の為とは言え、そういったデメリットがあるというのはやはり不安な気持ちになってしまいます。
しかし、これから先もずっとコンタクトレンズやメガネを利用するのかと思うと、どうしてもレーシックを断念するという気持ちにはなれませんでした。
やはりまだまだ長い人生ですので、残りの人生を快適に過ごす事を選ぶ事にしたのです。
その為には不安な気持ちをきちんと解消しておく事が大切だと思いましたので、しっかりと信頼のできる病院を探そうと思いました。
病院探しの際にはインターネットで口コミサイトをチェックしてみたり、ネット投稿をチェックして情報を集めてみました。
その際には、良いコメントだけでなくマイナスのコメントもしっかりとチェックし、総合的に病院の良し悪しを判断するようにしました。
しかしながら、いくら口コミサイトなどで情報を集めても自分自身に合わない病院では安心して手術を行ってもらう事はできませんので、カウンセリングもしっかりと受けてみました。
カウンセリングの際には医師に手術に関しての説明を納得できるまでしてもらいましたし、手術を行う事に対するリスクなどもしっかりと質問しました。
なんとか安心して手術を受ける事ができそうな病院を見付ける事ができましので、実際に手術を行ってもらう事にしました。
手術の際にはとても緊張しましたが、予定通り短時間で手術は終わりました。
人によっては合併症などが現れるという事でしたが、幸いにもそういった症状は出ませんでした。
今では手術を受けてみて本当に良かったと思っていますし、とても快適な生活を送れています。
後悔しないか心配でしたが、結果的に満足のできる結果に終わって良かったです。

Copyright(C) 2009 目のちりょう.com All Rights Reserved.